鉄欠乏性貧血・再生不良性貧血・溶血性貧血・悪性貧血・妊娠貧血・脳貧血など、幅広い貧血症状をしっかりサポート!
わかりやすい貧血
鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄がある
HOME

 ヘム鉄は非ヘム鉄の数倍吸収がよい

 食物に含まれる鉄には2種類あり、肉や魚などの動物性食品に含まれているヘム鉄と、野菜や海藻などの植物性食品に含まれている非ヘム鉄があります。鉄のほとんどは小腸上部の粘膜から吸収されますが、吸収率はヘム鉄のほうが断然高く、ヘム鉄で10〜20%、非ヘム鉄で1〜6%と、ヘム鉄のほうが数倍も吸収されやすいのです。

 ヘム鉄は鉄原子と有機化合物が結びついた有機鉄の1つです。構造は二価鉄という形をとっており、溶けやすくイオン化しやすいのが特徴です。そのためそのまま小腸細胞から消化吸収されていきます。ヘム鉄の仲間に赤血球に含まれるヘモグロビンと、筋肉色素タンパク質のミオグロビンという物質があります。ヘモグロビンは酸素と結びついて全身に酸素を運ぶ役割をしていますが、ミオグロビンも酸素と結びついて筋肉組織の中で酸素を蓄える働きをしています。赤身の肉や魚に鉄分が多いのは、ヘム鉄を含むミオグロビンが豊富なためです。
                        
 一方、非ヘム鉄は三価鉄という形をとっており、これはサビや無機鉄の鉄イオンの仲間で消化吸収されにくい構造になっています。そのため、消化管内で動物性タンパク質に含まれる消化酵素やビタミンC、胃酸などの還元物質によりヘム鉄(二価鉄)になることで初めて吸収されます。日本人が摂取する多くが非ヘム鉄といわれています。

 これは肉類よりも野菜や穀物、海藻などから鉄を摂る割合が高いからです。当然これら非ヘム鉄はヘム鉄より吸収効率が劣るわけですから、食べている鉄量は多くても意外に吸収されていないということになります。したがって非ヘム鉄を有効に摂取するためには、ビタミンCやタンパク質を多く含む食品を一緒に摂る必要があるのです。









 


  自宅で簡単に血液検査をしませんか?

  日常生活の一般的な注意点
       ・・・運動や仕事について
       ・・・脳貧血を予防する
       ・・・体を温かく保つ
       ・・・体を清潔に

  大部分の貧血は食事で予防できる

  鉄の吸収を助ける食材と栄養

  鉄を多く含む食材一覧

  貧血を予防するバランスのよい食事

  健康な血液を造る日本食

  レバーをおいしく食べるコツ

  トップページへ


目的・症状別に最適なサプリメント・健康食品が見つかるサプリメント総合情報サイトです!
  サプリのチカラ
 
Copyright(c)2006〜. わかりやすい貧血の知識 All rights reserved