本文へスキップ

幅広い貧血の原因・症状・検査・治療・食事・対処法をしっかりサポート!貧血を理解し、改善・克服していきましょう。

妊婦貧血はどうやって治療する?

妊婦貧血の治療は通常の貧血と変わらない


 妊娠中の貧血の治療は、非妊娠時の貧血治療とそれほど変わりません。基本的には、まず始めに貧血の原因を確認する必要があります。

 貧血特有の症状から医療機関を受診することはあまりなく、妊娠検診や分娩後および産後1ヵ月検診でほぼ全員に血液検査を行っており、この時期に貧血が見つかる事が多くなっています。

 妊娠性貧血の基準としては、ヘモグロビン量11.0g/dL未満、ヘマトクリット値33%未満のものをいいます。治療を開始するかどうかは、貧血の原因、妊娠週数、貧血の程度、多胎・前置胎盤などの合併症の有無で判断します。


食事療法はカロリーや塩分量に注意


 治療は大きく分けて、食事療法と薬剤による治療があります。いずれも妊娠という特殊な状況のために制限される事があります。例えば、妊娠中毒症で食事制限をされている方はカロリー量、塩分量、タンパク量などに制限があるので、貧血の食事療法の際は担当医との相談が必要です。

 また種々の理由で帝王切開分娩を予定されている方で、手術時に大量の出血が予想されている場合は(例えば帝王切開時に子宮筋腫の摘出を行う)、貧血の治療とともに自己血貯蔵(自分の血液をあらかじめ採取し、貯えておく事)といった準備が必要となる場合があります。

妊娠による貧血(妊婦貧血)とは
妊娠・分娩・授乳期の鉄所要量はどれくらい?





関連記事
鉄欠乏性貧血の検査
貧血検査と数値の見方
鉄欠乏性貧血の治療
鉄分不足を改善する生活習慣
70%以上の貧血は食事で改善できる
1日に必要な鉄分はどれくらい?
鉄分の吸収を助ける栄養は○○!
鉄分摂取に数倍の差!効果的なヘム鉄とは
貧血治療に効果的な鉄剤の服用
鉄剤服用の注意点