本文へスキップ

幅広い貧血の原因・症状・検査・治療・食事・対処法をしっかりサポート!貧血を理解し、改善・克服していきましょう。

> > 貧血と運動

貧血の人は運動しない方がいいの?

運動量を医師に相談しましょう


 適度な運動も血液の健康を維持する上で有効です。運動する事で心肺機能が高まり、血液の流れをスムーズにし、動脈硬化などを予防する事がわかっています。

 貧血の人でも軽症の場合は、適度に運動する事によって新陳代謝を促し赤血球の産生が活発になるので、軽い体操などは効果的です。

 しかし、無理に運動すると心臓に負担がかかり、心臓肥大になることもあるため、貧血の人は必ず医師の指導を受けてから運動を始めるようにしてください。

とてもつらい?それも貧血症状ですよ


無理な運動は健康を害することも…


 貧血を予防して健康な血液を維持するためには、体にあまり負担をかけない、無理のない運動が最も効果的です。無理をしてマラソンや長時間歩行をすると、血管内溶血が起こったり、過度の運動による鉄欠乏性貧血など、よかれと思って始めた運動がかえって血液の健康を害してしまう事もあります。

 運動が日課になってくると、より激しいトレーニングやフルマラソンなどに挑戦しようという気持ちが起きてきますが、焦らずに自分の体と相談しながら長く続けられる運動を心掛ける事が大切です。

 特に高齢者が自分の判断だけでマラソンなどの激しい運動を始めるのは、心筋梗塞などさまざまな障害を起こしかねず大変危険です。高コレステロール血症や心臓病など持病のある人は、どの程度の運動をやれば効果的か、医師に相談し指導を受ける事が大切です。

大部分の貧血は○○で改善する!




関連記事
日常生活の一般的な注意点
特殊な貧血の注意点
あなたの肩こりは貧血が原因かも
美容の大敵!貧血で髪も肌もパサパサに
3分でわかる貧血の原因
貧血の症状とは
貧血検査と数値の見方
70%以上の貧血は食事で改善できる
鉄分の吸収を助ける栄養は○○!
鉄分摂取に数倍の差!効果的なヘム鉄とは