本文へスキップ
貧血の原因・症状・検査・治療・食事・対処法をわかりやすく解説する医療サイト|メディカルアーカイブ

サイトマップ

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> > 鉄分は体内でリサイクルされる

貴重な体内の鉄はリサイクルされる

<この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次

※当サイトは医療専門職が監修した貧血に関する情報を提供していますが、インターネットや本の情報だけで自己診断するのは大変危険です。疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。貧血の原因は様々あるため、まずは内科を受診することをお勧めします。

赤血球は120日で壊される


 血液は骨の中心部にある骨髄で造られています。骨髄には赤色をしたゼリー状の骨髄液が満たされており、ここにある造血幹細胞が分裂することで血球が造られます。

 赤血球は始め、中心部に核のある原始的な形で生まれますが、成熟する過程でヘモグロビンが生成され、核が凝縮されていきます。やがて核は外に出され、その段階で赤血球は完全な形となり血管内に送り出されます。

 赤血球は柔軟性に富んでおり、細い毛細血管を通過して全身の細胞に酸素を運搬する事ができるのですが、古くなってくると柔軟性が失われ毛細血管を通過する事ができなくなってしまいます。そのため、古くなり柔軟性がなくなった赤血球は脾臓で破壊処理されます。

 赤血球の寿命は約120日とされています。1日に0.8%の赤血球が処理されているので、赤血球の量を一定に保つためには毎日赤血球が補給される必要があります。この段階で鉄やビタミンB12などが不足すると、ヘモグロビンの生成がスムーズに行われなくなり貧血が起こってしまいます。


壊された赤血球の鉄はリサイクルされる


 脾臓で破壊された赤血球は老廃物として処理されますが、その際ヘモグロビンはヘムとグロビンに分けられ、そこに含まれている鉄分は体内でリサイクルされます。そしてヘムから鉄分が取り除かれた残りの部分はビリルビンという黄色い物質に変えられ、肝臓に送られて胆汁となり十二指腸に排出されます。

 このように体内に入った鉄はなかなか排泄されず、腸管上皮の脱落、皮膚や汗、髪の毛、爪などからわずかずつしか失われません。成人男性では1日に0.5〜1mgですが、女性は生理による出血があるため毎月20〜30mg失われます。平均して1日1.5〜2.5mgが排泄されていることになります。

 鉄の排泄量はごくわずかなので、健康な状態では男子で1日1mg、女性で2mgを補充すればよいということになります。また鉄は肝臓をはじめ脾臓や骨髄にも貯蔵鉄として蓄えられています。

 したがって体内で鉄が不足するとまず貯蔵鉄が使用されるため、すぐに鉄が欠乏する事はありません。貧血症状が現れるということは、貯蔵鉄を使い果たしたという事になります。



関連論文
 鉄欠乏性貧血 日本内科学会

 鉄動態からみた鉄欠乏性貧血と二次性貧血 日本内科学会

 鉄欠乏性貧血の治療指針 日本内科学会

 鉄欠乏性貧血の検査と診断 日本内科学会

関連記事
ヘモグロビンって一体なに?
数値が低いとどうなるの?
どんな症状が現れる?
(頭痛・吐き気・眠気・目・めまい・動悸…)
なりやすい人ってどんな人?
男性は重病の可能性大!
緊急搬送されることも
原因は1つではない!
3分でわかる原因と発症の仕組み
貧血検査と数値の見方
70%以上の貧血は食事で改善できる
生理だけでなってしまうの?
妊娠するとなりやすい?
赤ちゃんは大丈夫?
消化管出血が原因の場合は要注意!

薬剤師のイメージ
<この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属 薬剤師 松田俊浩※
<著者の略歴>
 貧血全般はもちろんのこと、血液の病気や栄養学を専門として活動しており、貧血の正しい知識や食事療法の指導を行っている。